プラセンタサプリ、豚に真珠

豚プラセンタの特徴

健康食品に使われるプラセンタの原料は馬と豚の胎盤があります。牛プラセンタは安全面から使われることが無くなり、今では馬プラセンタか豚プラセンタがサプリメントに加工されています。では、馬と豚との違いはなんなのでしょうか?

 

豚プラセンタ

豚の胎盤からエキスを抽出したもので、原料がたくさんあり大量生産することができています。一般的にプラセンタといえば豚プラセンタのことで、健康食品やスキンケアなどにも配合されています。豚は家畜として多くが育てられており、食肉の安全規格に沿った品質の高いプラセンタをつくりだすことができます。安価で流通しやすいことから、一般的に使われています。

 

馬プラセンタ

豚の胎盤からエキスを抽出したものです。豚と比べて頭数が少なく、1頭が産む子馬の数も少ないため、希少価値がある成分として扱われています。アミノ酸の量が多い特徴がありますが、原材料の価格が高いことから、あまり一般的には使われていません。原料が高いだけで、豚プラセンタとそれほど効果に変わりがない商品もあります。

 

豚プラセンタのほうが安価

プラセンタの効果の高さはアミノ酸の含有量だけでなく、成長因子によるものもありますから、安価な豚プラセンタは人気があります。

 

プラセンタサプリの効果と効能

豚プラセンタの効果

豚プラセンタは女性特有の悩みを解消させるために使われています。アミノ酸による美肌効果や、成長因子によるホルモンバランスを整える効果などです。ほかにもたくさんの効果がプラセンタには期待できます。

 

プチ更年期や更年期

豚プラセンタはプラセンタ注射と比べても安価で、手軽に更年期対策ができます。20代や30代くらいの人で、プチ更年期くらいの症状だと、まだ病院を受診するほどではないかもしれません。このようなときに安価で出回る豚プラセンタサプリは有効に使うことができます。更年期に向けての予防としても活用できるものです。

 

生理痛改善

ホルモンバランスを整える働きから、生理痛や生理前症候群の症状を改善させるために使う人も多くなっています。生理痛は痛み止めで対応することはできますが、薬の長期服用には副作用が気になります。そこでプラセンタを予防に使えば、副作用が無く長く服用を続けることができます。

 

肌の潤いアップ

豚プラセンタに含まれるアミノ酸は、天然保湿成分の生成に役立ちます。成長因子も相乗効果をもたらし、細胞の代謝を高め自分で潤い成分をつくりだすことができるようになります。スキンケアだけでは潤いアップできない方、顔だけでなく体の潤いもアップしたい方に最適です。

 

馬プラセンタサプリがいいワケ

豚プラセンタを飲む量

豚プラセンタサプリは飲む量が多ければ多いほど、効果があると感じてしまうかもしれません。しかし、豚プラセンタに含まれるアミノ酸は体内に蓄積させることはできませんから、量より毎日飲める価格であることが重要です。

 

プラセンタ純末100mg

目安は豚プラセンタ純末なら100mgです。プラセンタ1000mg入りなどと謳う商品もあるなか、100mgでは量が少ないと感じるかもしれません。しかし、プラセンタ純末なら100mgでも十分効果が得られるものです。その違いはプラセンタを薄めているか、原液のそのものかのかで違いがあるからです。

 

プラセンタ30,000mgのトリック

プラセンタ純末100mgと比べて、プラセンタ30,000mgのほうが効果があるように錯覚してしまいます。これは数字のトリックにすぎず、本当に効果があるプラセンタが多く入っているわけではありません。プラセンタは抽出する段階で水を加え薄めている原料も多くみられています。純末とは水を加えないプラセンタ100%のことで、プラセンタ純末100mgのほうが濃度が濃い場合があるのです。

 

プラセンタ純末で換算

メーカーによっても水で薄めたプラセンタ原液を何mg含めているのか、それともプラセンタ純末を何mg含めているのかの表示基準が違います。わかりにくい方は純末で換算したものを選びましょう。

関連リンク

馬プラセンタの選び方に関するブログ一覧・・・馬プラセンタの選び方に関する記事です。キレイに繋がる情報満載♪今すぐチェックしてみましょう。
プラセンタとは?・・・豊富な栄養素が含まれている【プラセンタ】。プラセンタを摂取することで期待できる。3つの美容効果をご紹介いたします。