更年期対策に

更年期対策に

更年期障害とは、更年期とよばれる閉経を挟んだ前後10年にでる不快な症状のことです。一般的には50歳すぎに閉経を迎える人が多いため、45〜55歳に更年期障害を感じるようです。40代後半にもなれば更年期障害の1つや2つは感じることになります。

 

更年期障害といってもその症状はさまざまで、人によっては布団から起き上がれないほどの不調を感じる人もいれば、ほとんど影響が無く過ごすことができる人もいます。

 

・更年期は治療ができる
更年期障害は病院でもホルモン治療、プラセンタ注射などが治療として利用できます。症状が重い方は女性ホルモンを補う飲み薬を飲み、足りないホルモンを薬で補います。プラセンタ注射も更年期障害の治療として認められているもので、健康保険が適用されています。

 

・ 症状が軽いならプラセンタサプリ
更年期障害かな?と感じる程度の軽い症状なら、まだ豚プラセンタサプリで改善できる可能性があります。20代や30代などのプチ更年期の方や、40代に入って更年期の症状が気になりだした方にもおすすめです。

 

・ 自律神経が乱れるのが原因
更年期は脳がエストロゲンを分泌しようと指令を出すのに、体はそれに答えることができず脳がパニックを起こして自律神経失調症を起こしている状態です。