生理前症候群に

生理前症候群に

生理前の約2週間くらいから体の不調を感じたり、なんとなくイライラしてしまうのは、生理前症候群です。別名PMSとも呼ばれるもので、女性なら誰でも感じることがあります。その症状は個人差があるようで、ひどくなると日常生活さえも支障が出る人もいれば、軽い眠気やだるさのみであまり変わらない人もいます。

 

・ 生理前症候群にプラセンタ
プラセンタ療法が更年期障害を改善させることからもわかるように、生理前症候群の緩和にも豚プラセンタサプリが使えます。美容のために豚プラセンタサプリを利用してみたら、生理痛が軽くなる人もいるようです。薬ではないので即効性はありませんが、薬を飲むほどでは無い軽い生理前症候群の方の改善には役立てることができます。

 

・ プロゲステロンの影響
生理前2週間から次の生理までに不調を感じるのは、プロゲステロンの影響です。体温を上げて受精卵が着床しやすいよう体調を変化させるのですが、このときに気分が変化したり、体のむくみなどを感じやすくなります。妊娠に備えるためのホルモンで、受精が行われなければ分泌は自然と2週間後くらいに減り、そこで生理がきます。

 

・ 出血量の調整に
プラセンタサプリはホルモン療法ではなく、ホルモンのバランスを整えるのに役立つものです。そのため生理の出血量が多すぎるのを調節する働きも期待できます。